MENU

ACHIEVEMENT PUBLISHING

  • 天気が良ければ訪ねて行きますの画像1
  • 天気が良ければ訪ねて行きますの画像2

目次

目次は登録されていません

書籍詳細

ソウルでの生活に疲れ切ったヘウォンは、ひと冬を故郷で過ごそうと、山と湖に囲まれた片田舎のバス停に降り立った。隣の空き家は、いつの間にか小さな本屋になっていた。「グットナイト書店」。店主のウンソプにとってヘウォンは、初恋の人だった。彼女が戻ってきたことで、静かな冬の生活が変わっていく……。

外は冷たい銀世界が広がり、グッドナイト書店の中は温かく穏やかな時間が流れる。
ふたりの間には、雪の結晶のように、ひとつふたつと少しの重たさも感じさせずに、愛情が舞い落ちていく。ゆっくりと溶けていく痛みと孤独。やがて明らかになる過去の秘密とは――。

傷つくことを恐れる人、傷つくことに疲れた人。
それぞれが再び人生を歩み始めるまでの、心温まる愛の物語。

著者紹介

カスタマーレビュー

レビューは登録されていません

関連書籍