MENU

ACHIEVEMENT PUBLISHING

Flow & Price

制作フロー

  • 1

    初回お打ち合わせ&お見積もり

    出版に際しての諸条件や流れをご説明し、なぜ出版をしたいのか?誰に対して?どのような影響を与えたいのか?予算はいくらか?ライターを起用するのか?といった具体的な事項を専属の編集担当者がヒアリングし、お見積もりを作成します。

  • 2

    契約締結&書籍コンセプトの明確化

    お見積もりに同意頂ければ、契約書を締結します。その後、この本は誰のために何のためになぜつくるのかという書籍コンセプトを明確にします。特に1冊目の書籍の場合、自分自身の人生の中で、どんな位置づけとしてこの本(処女作)を出すのかを考えることも重要です。

  • 3

    ゴール・目標を定める

    この本を出すことによって、どんな成果をつくりだすかを決めます。誰(読者)が、この本を読むことによって何を感じ、次にどんな行動を起こすかを具体的にイメージした上で、どんな成果を実現すれば、今回の出版が成功かという明確な目標を設定します。

  • 4

    書籍の構成を決める

    明確にした目標を達成するための構成をつくっていきます。この構成づくりはプレゼンテーションをつくるときの考え方に似ています。起承転結を意識し、読者の心の動きに合わせた構成をつくっていきます。例えば以下のような流れです。

    1. 現在の問題点の指摘 / 2. ニーズの喚起 / 3. 新しい提案 / 4. 得られるメリット / 5. 証拠 / 6. クロージング

  • 5

    原稿執筆 or ライターによる取材

    構成に合わせて原稿を作成していきます。ライターを起用する場合には、事前に文体をご確認頂き、イメージに見合うライターを選定した上で、実際の取材に入ります。また第一稿(ワードデータ)が完成した段階で一度お打ち合わせします。追加取材が必要か、どのように推敲するのかを定め、第二稿(ワードデータ)までブラッシュアップします。

  • 6

    組版作成

    第二稿(ワードデータ)が完成したら実際の書籍に合わせた文字組み・目次や小見出しのデザイン(組版)を作成します。

  • 7

    校正&装丁デザインの決定

    組版が完成した時点で、「原稿に誤字・脱字がないか等の確認→デザイナーへ修正指示→修正原稿の確認」この作業を著者と出版社双方で2回ずつ行います。また、カバーや帯のデザインを確定します。

  • 8

    印刷・製本

    組版データ、装丁データを印刷所へ入稿し、印刷・製本後に書籍が納品されます。

価格一覧

小冊子

  • 64ページ
    ソフトカバー
    500部
    約160万円~

書籍

  • 200ページ
    ソフトカバー
    2000部
    約300万円~
  • 200ページ
    ハードカバー
    2000部
    約320万円~

オプション

  • ライター起用
    約100万円~
    ※取材回数、出張費用、執筆量に応じて料金は変わります。
  • 新聞広告
    約100万円~(日本経済新聞の場合)
    ※他媒体でもご出稿可能です。媒体・時期により料金は変動します。
  • 全国書店への営業代行
    約80万円~(2000部)
    ※流通方法により料金が異なるため、別途ご相談下さい。