MENU

ACHIEVEMENT PUBLISHING

  • 人生100年時代の稼ぎ方の画像1
  • 人生100年時代の稼ぎ方の画像2

目次

  • 第1章
    人生100年時代の課題をクリアする
  • 第2章
    幸福の概念と人材価値をアップデートする
  • 第3章
    100年稼ぐためにやるべきこと

書籍詳細


「コントロールができない不確かなものをよりどころにせず、
安定性よりも将来性が高い方へBETし続けることです」
経済評論家 勝間和代

「何でも屋のジェネラリストではなく、置き換えできないスペシャリストに。
人材価値は変わったのに“ゆでガエル”のままでは生き残れるわけがない」
ウィリアムズ・リー・タグ代表 久保明彦

「人は“買うモノ”を選ぶだけではなく、“モノを売っている人”を
選ぶもの。だからこそ、選ばれる条件を持っている人が
どんどん際立ってくる時代です」
ビジネスコンサルタント 和田裕美

2018年秋に開催された「エンジン01 in 釧路」。
2万人を動員した知の交流がテーマの一大シンポジウムにおいて、
特別講座「人生100年時代の稼ぎ方」が話題をさらった。

お金と仕事に対する不安感がピークを迎えた今、
三人の著者が熱く語った、力強く稼ぐための人生戦略とは!?
大人気講座の内容を大幅に加筆して、完全収録!

AI時代、シンギュラリティ時代、高齢化時代――
「今の仕事のままでいいのか」
「これからどんな仕事を選べばいいのか」
「自分はこれからどんなことを身に付ければお金が稼げるのか」
「転職すべきか、独立すべきか」

人生の岐路を迎えたとき、力強く後押しをする一冊。

【アチーブメント出版より】

AI時代に突入し、社会構造が大きな転換期を迎えると同時に、
「仕事がなくなる」という不安が生まれ、
必然的にお金に対する不安感がピークを迎えています。

このまま仕事をし続けることができるのか?
長い老後、年金もあてにならなくなって、お金が足りなくなるんじゃないか?

そうしたお金や仕事に対してはもちろん、
AI時代にはもっと重大な不安感――
「自分という人間は、何のために生きていくのか」
という自分自身への不安感が頭をもたげてきます。

総じて社会不安が募っていく今、本書へまとめた
●当たり前と思っていた社会制度の認識をリセットする
●未来へ希望の持てる選択をし続ける
●年をとるほど幸福になる人生にデザインせよ
●人材価値におけるコミュニケーション力を甘くみてはいけない
●ジェネラリストではなくスペシャリストを目指せ
●「情報」は多角的に得る
●100年不変の「稼げる3つの条件」を備える

など、3人のスペシャリストからの力強いメッセージの数々が
お金と仕事の不安と自我のゆらぎを霧散させ、
人生の視界を気持ちよく晴らしてくれるはず。

仕事の選択、人生の選択にぜひお役立てください。

著者紹介

カスタマーレビュー

レビューは登録されていません

関連書籍