テイクチャージ 選択理論で人生の舵を取る

テイクチャージ 選択理論で人生の舵を取る

著者:ウイリアム・グラッサー 監訳者:柿谷正期

価格:2,800円(税抜)

四六判・並製本・408頁 2016年8月19日発売

ISBN978-4-86643-001-0

内容

グラッサー博士の遺作である 選択理論の入門書

Amazonより購入
第一章  思考、行為、そして感情は自ら選んでいる
第二章  外的コントロールから選択理論心理学への移行
第三章  頭の中のイメージ写真
第四章  私たちの知覚カメラにある価値
第五章  行動を駆り立てるもの
第六章  創造性と再整理
第七章  狂気、創造性、そして責任
第八章  創造的過程としての心身症
第九章  依存物質:化学的に制御する誘惑
第十章  よくある依存薬物(合法、非合法)
第十一章 葛藤
第十二章 批判
第十三章 人生の舵を握る
第十四章 選択理論心理学と子育て
第十五章 苦痛や悲惨さを訴えて自分や他人を支配する
第十六章 健康を選択する
第十七章 選択理論の活用方法

カウンセリング、心理療法、人間関係、教育、マネジメント、
犯罪矯正、依存症からの回復、心身の健康……。

あらゆる分野で世界62ヵ国に広がる選択理論心理学を活用すれば
幸せな人生の舵取りをするうえでより効果的な選択ができる。

日常生活で選択理論を実践するための入門書。

家族、夫婦、親子、職場――
あらゆる人間関係が劇的に変わる!


●著者
ウイリアム・グラッサー William Glasser

米国ウイリアム・グラッサー協会理事長、医学博士。一九二五年生まれ。ウエスタン・ケース・リザーブ大学医学部で博士号取得。精神科医の新しいアプローチ『現実療法(リアリティ・セラピー)』を著し、広く影響を与えると共に、精神科医として幅広く活動。公教育に関心をもち、教育で上質を追求する改革に試み、『クォリティ・スクール』を著した。クォリティ・スクールの取り組みは全米で二五〇校にわたり、明確かつ高度な基準があるにもかかわらず、それを達成してクォリティ・スクールの認証を受けた学校が出現している。また、選択理論を地域社会に浸透させる試みがニューヨーク州のコーニングで始められ、各地に飛び火する気配がある。グラッサーのアイディアは、カナダ、オーストラリア、アイルランドのような英語圏だけでなく、ロシア、クウェート、イスラエル、韓国、シンガポール、フィリピン、イラン、マレーシアにも広がりを見せ、六〇数ヵ国に広がっている。日本では一九八六年以来集中講座が開催されている。二〇一三年八月、八八歳で他界した。

 

●監訳者
柿谷正期(かきたに・まさき)

元立正大学心理学部教授。1985年に日本でリアリティセラピーと出会い、翌年日本で最初の集中講座を主催した。グラッサーの書籍の大半を翻訳し、来日講演の通訳を務めた。ウイリアム・グラッサー国際協会の理事の2期目を務めている。日本選択理論心理学会会長、認定NPO法人日本リアリティセラピー協会理事長、臨床心理士、精神保健康福祉士、日本カウンセリング学会認定カウンセラー、ウイリアム・グラッサー国際協会認定シニア・インストラクター、日本選択理論心理学会認定選択理論心理士、現実療法認定カウンセラー。著書としては、『幸せな夫婦になるために』『選択理論を学校に』等がある。連絡先は以下の通り
kcc@choicetheory.net

 

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け