新・完訳 自助論

新・完訳 自助論

著者:サミュエル・スマイルズ 翻訳:久保美代子 解題:青木仁志

価格:2000円(税抜)

四六判・上製本・576頁 2016年6月29日発売

ISBN978-4-905154-99-0

内容

「天は自ら助くる者を助く」
努力は必ず報われる――。
本書に収められた偉人たち300余人の生き方は、
「成功の本質」を知るきっかけになるでしょう。
――青木仁志(本書解題者・アチーブメント株式会社 代表取締役社長)

Amazonより購入
  • 第1章 自らを助ける者――国家と個人
  • 第2章 産業界のリーダー――発明家たちと製造者たち
  • 第3章 偉大な陶工たち――パリシー、ベトガー、ウェッジウッド
  • 第4章 努力と忍耐
  • 第5章 援助とチャンスを生かせ――科学を追い求めて
  • 第6章 芸術家たち
  • 第7章 商人と貴族
  • 第8章 やる気と勇気
  • 第9章 実務家たち
  • 第10章 金――毒にもなれば薬にもなる
  • 第11章 自己修養――試練を生か
  • 第12章 偉人の背中
  • 第13章 人格――本当の紳士とは

『自助論』は、1850年代に初版が出版され、発明家、芸術家、実務家、科学者など、欧米史上有名な300人余りの当時の「成功者の実例」が収められています。
今回、“自助の精神"というサミュエル・スマイルズの主張を余すところなく収めるため、原著に忠実に「新・完訳」版として解題しました。良質な情報との出合いは、人生を根本から変えることがあります。本書に書かれた成功者の考え方や物ごとに取り組む姿勢を学び、一度きりの人生を自分自身で切り開き、悔いのない素晴らしいものにしてください!

●著者
サミュエル・スマイルズ(1812−1904)
英国の著述家、医者。1812年スコットランド生まれ。当初は医者であったが、のちに著述に専念する。 著書に『向上心』(1871年)、『人格論』(1871年)、『義務論』(1880年)など多数ある。1904年没。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け