親が読む子どものための一生折れない自信のつくり方

親が読む子どものための一生折れない自信のつくり方

著者:青木仁志

価格:1,300円(税抜)

四六版・並製本・160頁 2015年3月19日発売

ISBN978-4-905154-73-0

内容

15万部突破のベストセラーシリーズ 
待望の子育て編
Amazonより購入
  • 第T部 一生折れない自信をつくる
  • 第U部 親の自信を確立する
  • 第V部 子どものための一生折れない自信のつくり方

元プロテニスプレーヤー杉山愛さんの母親
杉山芙沙子さん推薦!

 

親としての役割、それは『認めること』の技術を身に付けること。その技術がこの本には沢山詰まっています。
子どもは「親が有りのままの自分を愛してくれている」と感じた時に幸せを感じる――


親が子どもに与えられる最大のギフトはなんでしょうか?

もちろん一番は生命です。

では、その次は?

わたしは自己愛だと思います。

 

自分のことが大好き。
親に十分に愛されて育った子どもは、そんな感覚をもっています。

 

自分を愛せる人は、他人と愛し愛される関係を築きます。自分が大好きから、自分を信じることができる。
自分をもっと喜ばせようと、理想の自分になる努力をします。

 

自己愛が高い子は、自分の内側に幸せを感じるようになります。
自己愛が低い子は、他人と比較して自分の外側に幸せを追い求めます。

 

どちらの子どもに育つのか。それを決めるのは、親の関わり方です。

 

□子育て本を読むたびに、できない自分に失望する
□甘やかすことと甘えさせることの線引きを知りたい
□「親の背中を見せて育てる」教育をしている
□子どもに期待をかけすぎてしまう
□約束・ルールを破ってばかりの子どもが手に負えない
□思春期の子どもが何を考えているのかわからない
□他人の子どもとどうしても比較してしまう
□自信を失っている子どもへの関わり方を知りたい

 

→1つでも当てはまったら読んでください。


子育てでほんとうに大切なものが見つかります。

●著者
青木仁志(あおき・さとし)

1955年北海道生まれ。国際教育企業ブリタニカにおいてトップセールス、トップマネジャーとして数々の賞を受賞。1987年、人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立。自ら講師を務める「戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座」は開講以来24年間で610回開催・新規受講生29,552名。国内屈指の公開研修となっている。その他、研修講師として延べ32万名以上の研修を担当。著書には15万部のベストセラーとなった『一生折れない自信のつくり方』をはじめ45冊。うち10点が海外で翻訳され刊行中。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け