蘇活力実践篇

蘇活力実践篇

著者:南和友

価格:1,100円(税抜)

変形四六版・並製本・192頁 2014年9月3日発売

ISBN978-4-905154-67-9

内容

120歳までこの方法で大丈夫!
さぁ、蘇活しましょう!
Amazonより購入
  • 第1章 若さ(活力)の正体は何か?
  • 第2章 なぜ活力が失われてしまうのか?
  • 第3章 元気に長生きできる人の"考え方"
  • 第4章 元気に長生きできる人の"生き方"
  • 第5章 蘇活力にまつわるQ&A
  • 第6章 120歳までいきいき!自律神経を鍛える健康法

8万部突破のベストセラー第2弾!

 

自律神経の閾値を高めれば、活力は増すばかり!
日本一の心臓外科医が教える健康寿命を20歳延ばす秘訣

 

いくつになっても元気な人は元気です。

 

自律神経を鍛えれば年齢に関係なく
活力がみなぎってきます。

 

たとえば、人間の身体は30代に入ると動脈硬化が進んでいきます。
でもその対処法は、若いころからできるだけ塩分やコレステロールの多い食事を避け、
身体を動かしてカロリーを消費することです。

 

肥満、高血圧、腎臓病、糖尿病といった生活習慣病も予防できます。

 

このように健康になる方法は、誰もが知りながら、
身体によくない生活習慣を続けて、「これさえやれば大丈夫」と
喧伝される健康法や商品があればすぐに飛びつきます。

 

今回『蘇活力』の実践篇を書いたのは、
できるだけ取り組みやすい健康法をご紹介し、
少しでも蘇活に取り組んでいただくことで、
わかっていてもできない健康増進の壁を取り払っていただきたいと思ったからです。

 

「蘇活」とは自律神経のコントロールを通して
自分自身をコントロールする生活習慣を築くことです。

 

本書でご紹介する実践的な内容を通して蘇活を基盤として
毎日を過ごすことで、その本質を掴んでください。

●著者
南和友(みなみ・かずとも)

ドイツ・ボッフム大学永代教授
医療法人北関東循環器病院病院長
1946年大阪生まれ。74年京都府立医科大学卒業。76年ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセルドルフ大学外科へ入局。以後30年間にわたりドイツで心臓血管外科医として活躍。84年バードユーンハウゼン心臓・糖尿病センター主席心臓外科医。89年臨床外科医教授に就任。2004年ボッフム大学永代教授に日本人としてはじめて任命される。05年から10年にかけて日本大学医学部心臓血管外科教授を務める。10年医療法人北関東循環器病院の病院長に就任。これまでにおよそ20,000例の心臓・血管・肺手術を執刀。国内外の20以上の学会員・評議員を務める。特別講演・テレビ・ラジオにも多数出演。著書に『日本の医療危機の真実』(時事通信社)、『世界のベスト医療をつくる』『こんな医療でいいですか? 』(はる書房)、『解病』『病気にならない歩き方』『蘇活力』(アチーブメント出版)、『人は感動するたびに健康になる』(マキノ出版)がある。

 

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け