一流のバカになれ!

一流のバカになれ!

著者:レンツォ・ロッソ 訳者:小佐田愛子

価格:1,400円(税抜)

四六版・並製本・220頁 2013年6月4日発売

ISBN978-4-905154-37-2

内容

バカになるなんてとんでもないと思っていても、
本書を読んだあとには考えが変わっているだろう。

日本初上陸!DIESEL創始者が明かす成功法則

Amazonより購入
  • /01 SMART SEES WHAT THERE IS. STUPID SEES WHAT THERE COULD BE.
    利口な奴は事実を見る。バカな奴は可能性に賭ける。/レンツォとウサギ
  • /02 SMART CRITIQUES.STUPID CREATES.
    利口な奴は批評する。バカな奴は創造する。/危険なデニム
  • /03 IF YOU'VE NEVER DONE ANYTHING STUPID,YOU'VE NEVER DONE ANYTHING AT ALL.
    バカをやってこなかったのなら、何も成し遂げていない。/ どうやって(もう少しで)解雇されるに至ったのか
  • /04 SMART LISTENS TO THE HEAD.STUPID LISTENS TO THE HEART.
    利口な奴は頭で考える。バカな奴は心で動く。/イタリア製モヒカン族、第1号
    ほか全18エピソード

“バカになれ”と言われたら、とんでもない命令だと思うだろう。
どこの世界に、バカだと思われない人間がいるものか。

 

だが、レンツォ・ロッソは、大半の人がバカにするようなことを 嬉々とやってのける。

人材採用には、経歴よりも訴えかける強烈な個性を優先させ、
ファッション産業をからかうようなキャンぺーンを展開し、
企業買収は本能に従った。

 

不思議なことに、このすべてがうまくいった。

 

ディーゼルが“Be Stupid”というキャンペーンをしたとき、
ロッソはこの簡潔な言葉にただの挑発ではなく、
長年パートナーと共に実践してきたことを体現した。

 

すなわち、リスクを怖れず、旧弊に挑戦し、情熱を大事にし、
勇敢であり続けることだ。

 

“バカになれ”は単なるキャンペーンスローガンではない。
確固としたマニフェストだ。

●著者
レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)

ライフスタイルを提唱する世界的アイコン・ブランド、ディーゼルの創始者。開拓者であり、夢を追うロッソは、新しいグローバルな生き方と経営法を実証する。長年に渡り、ロッソが作り替えてきたのは、ジーンズであり、製品流通であり、電子商取引であり、広告だ。広告では、多くの受賞歴がある。現在ロッソは、ストリートウェアからプレタポルテまで、いくつもの会社やブランドを率いている。イタリア、バッサーノ・デル・グラッパ在住。


●解説
グイド・コルベッタ(Guido Corbetta)

イタリアの有名大学、ボッコーニ大学教授、企業戦略が専門。ボッコーニ大学はビジネス、ファイナンス、経済学分野においてイタリアで最も知名度の高い大学。多くの優秀な経済学者、ビジネス界で活躍する著名人を輩出し、ボッコーニ大学のビジネススクールは「ウォールストリートジャーナル」誌が選出する世界のビジネススクールトップ20に入っている。


●訳者
小佐田愛子(こさだ・あいこ)

大阪外国語大学フランス語学科卒業。主な訳書に花辞典『フローラ』(トニー・ロード著、産調出版)、『知恵』(バリー・シュワルツ、ケネス・シャープ共著、アルファポリス)などがある。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け