ハーバード流 自分の限界を超える思考法

ハーバード流 自分の限界を超える思考法

著者:マリオ・アロンソ・ブッチ 訳者:山本泉

価格:1,400円(税抜)

四六版・並製本・256頁 2013年5月6日発売

ISBN978-4-905154-45-7

内容

スペインで記録的ベストセラー
自己を最大限に成長させ、持てる力をフルに発揮するための

ハーバード流の自己実現法

Amazonより購入
  • 第1部「想像力」と「集中力」が道を切り開く
  • 第2部「言葉」が心の持ちようを変える
  • 第3部「内なる対話」が魂を目覚めさせる
  • 第4部「困難」と「失敗」が新たな地平に導く

自己の最奥に宿る“最高の潜在能力”を いかにして発揮するのか?

ハーバード特別研究員が教える

 

・クリエイティビティ

・コミュニケーション力

・内なるリーダシップ

・ストレス耐性

 

4つの力を高めるためのパーソナルトレーニング

世界10ヵ国以上で翻訳されている ベストセラーが日本初上陸!

●著者
マリオ・アロンソ・ブッチ(Mario Alonso Puig) 

ハーバード大学の内科外科の特別研究員
消化器系をはじめとする執刀医として25年以上のキャリアをもつ。
コミュニケーションと人間関係の人体に及ぼすメリットについての研究等で受賞歴がある。ストレスが消化器系に与える悪影響についての研究から、脳の機能性に関する研究へとフィールドを広げる。卓越した話者でもあり、モチベーション、リーダーシップ、クリエイティビティについての研究成果がビジネスの世界で広く活用されている。前著『ハーバード流 自分の潜在能力を発揮させる技術』(アチーブメント出版)は母国スペインで大ベストセラーになり、日本でも好評を博した。

 

●訳者
山本泉(やまもと・いずみ)

1966年千葉県生まれ。京都大学法学部卒。公務員を経て産業・出版翻訳家。訳書にコンラッド・ヘロウド『イノベーティブ・シンキング』(ダイヤモンド社)、ジョーダン・デイン『届かない叫び』『閉ざされた真実』『秘められた愛』(オークラ出版)、『ザ・リーダーシップ』(ピアソン桐原社)ほか。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け