クオリティ・カンパニー

クオリティ・カンパニー

著者:青木仁志

価格:1,500円(税抜)

四六版・上製本・180頁 2013年3月4日発売

ISBN978-4-905154-40-2

内容

不況下でも成長を続ける理念経営 

資本金500万円、5名で創業した企業が 無借金経営を継続し、

新卒エントリー2万人超の人気企業へ――

無形資産を有形資産に変えて価値を生み出し続ける善循環モデル


Amazonより購入
  • 序章  経営者の使命と責任
  • 第1章 経営者としてのリーダーシップ
  • 第2章 理念を浸透させ、文化をつくる
  • 第3章 理念から経営ビジョンを築く
  • 第4章 理念経営による人材戦略
  • 終章  幹部を育成する
  • 経営問答

経営者の最大の役割とは、企業を存続させることである。
長期と短期の利益にバランスを持たせながら、
社会の要求に応えられるような革新的活動を生み出し続けることである。

 

なぜなら、社会に必要な事業を営むのが企業経営であり、
会社は社員の生活の場であり、社会にとってなくてはならない存在であるからだ。

 

この社会で、歴史を超えて存在し続ける企業は、
縁ある人を幸せにし、社会から必要とされている。

 

事業活動を通して社会の役に立つ、お客様に喜んでもらう、

社員からたくさんの感謝を集められる組織体にしようという経営者の心の在り方が、

社員・顧客の満足度が業界で最も高水準で、
社会的に価値の高い事業を営みながら永続的に繁栄する“クオリティ・カンパニー”を実現する。

 

中小企業経営のモデルとして語り継がれるべき経営手法が記された稀代の名著。

本書の内容を実践すれば、企業は必ず繁栄する。

『日本でいちばん大切にしたい会社』著者 坂本光司

 

「現代の松下幸之助といえば誰ですか?」とよく聞かれる。

最近になって私の中ではとみに青木仁志氏こそ、その人ではないかという確信に近づいている。

PHP研究所代表取締役常務 佐藤悌二郎

●著者
青木仁志(あおき・さとし)  

1955年3月北海道函館市生まれ。10代からプロセールスの世界に入り、国際教育企業ブリタニカ、国内人財開発コンサルティング企業を経て1987年、32歳でアチーブメント株式会社を設立、代表取締役社長に就任。自ら講師を務める公開講座『頂点への道』スタンダードコースは講座開講以来22年間で560回開催、新規受講生は25,675名を数え、国内屈指の公開研修となっている。その他、研修講師として会社設立以来延べ294,972名の研修を担当している。
2010年からは法政大学大学院政策創造研究科客員教授に就任、「経営者論特講」で自ら教鞭を執り、法政大学大学院 坂本光司教授が審査員長を務める「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の審査員も担当するなど、自ら実践してきた理念経営による起業家育成、経営者育成にも力を注いでいる。
著書は、14万部のベストセラーとなった「一生折れない自信のつくり方」をはじめ、最新刊「目標達成の技術」など36冊。うち10点が海外でも翻訳され刊行中。アチーブメント株式会社は創立25周年を迎え、新卒学生が2万名以上エントリーをする人気企業に成長し、2012年2月28日に日本経済新聞にて掲載された就職希望企業ランキングで総合109位、業種別では情報、広告、レジャー、ソフトウェア、教育などを含む「サービス業・その他」として15位にランクイン。
近年では、80歳でエベレスト登頂をめざす冒険家の三浦雄一郎氏のMIURA EVEREST 2013 Projectスペシャルサポーターとして、また、アチーブメント全日本F3選手権のメインパートナーとしての若手ドライバー育成など、目標達成に関わる個人と法人の支援に携わっている。

 

その他:法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授/一般財団法人 日本プロスピーカー協会(JPSA) 会長兼代表理事/特定非営利活動法人日本リアリティセラピー協会 専務理事/医療法人社団友志会恵比寿メディカルビュークリニック 常務理事/社団法人 日本ペンクラブ 正会員・国際ペン会員/東京中央ロータリークラブ会員

 

ブログ:http://www.aokisatoshi.com/blog
フェイスブックページ:http://www.facebook.com/achievementaoki


▼青木仁志(あおき・さとし)への講師依頼はこちらから▼

講演会講師依頼はトレーナーズへ

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け