超軽っ!日本史―原始時代〜安土桃山時代編―

超軽っ!日本史

―原始時代〜安土桃山時代編―

著者:浮世博史

価格:1,400円(税抜)

四六版・並製本・408頁 2012年10月1日発売

ISBN978-4-905154-32-7

内容

灘高校をはじめ、難関校合格者が続出した
カリスマ塾講師による歴史”で”学ぶ日本史


Amazonより購入
  • 第1章  原始時代
  • 第2章  国づくりの時代
  • 第3章  古代国家の形成
  • 第4章  古代国家の展開
  • 第5章  古代国家の終わり
  • 第6章  武家政権の成立
  • 第7章  元寇と鎌倉幕府の衰退
  • 第8章  南北朝時代と室町幕府の成立
  • 第9章  室町幕府の展開
  • 第10章 新・戦国時代論
  • 第11章 織田信長と豊臣秀吉

現在を1月1日として、人類誕生を1年前としましょう。
文明が生まれたのは12月31日午後3時15分。大晦日のおやつの時間くらいです。
残り364日と15時間15分はかしこい猿だったわけです。

 

なが〜い動物の歴史、なが〜い生物の歴史、なが〜い地球の歴史から見れば、
人類の文明はほんの一瞬、何かの間違いですぐ消える世界なのかもしれません。
とってもシンプルで短いもの。なのに、

 

「人名とかおぼえられへんし、歴史ってなんか難しい!」

 

そんな深刻に悩まなくてもよいのにな、と思い続けてきました。
でも、深刻に考えなくても真剣には考えてほしいところです。
歴史を知らずして新しい時代は開けません。

 

そこで、できるかぎり実用的で、読みやすくって、楽しく(大いに脱線しながら)歴史を
学んでいただけるよう、自分で日本史の教科書を作っちゃいました。

 

大学受験ではどんな難関校も教科書の範囲以上の問題は出ませんから、
受験生の皆様にも「こ、これ、使えるやんっ」と実感してもらえるよう、
本書の原始時代〜安土桃山時代の範囲は、教科書の内容を完全網羅。
もちろん、重要・頻出語句はすべて太字にしておりますよ。

 

と、まぁそういうわけで、

 

先達が何をどうしちゃったから、いまの社会はこうなっているのか。
これから我々はどうしていけばいいのか? 

 

そんなことを考えてもらうきっかけになることを願い、
大晦日の昼下がりから読み始めて、除夜の鐘がゴ〜ンとなるくらいまでに読み終わる、
歴史の話を始めたいと思います。

●著者
浮世博史( うきよ・ひろし)   

私立四天王寺高校・中学校社会科教諭
塾講師として19年間中学受験、高校受験の指導にあたり、四天王寺中学、高校で1 2 年間歴史の教師として教鞭を執っている。灘中学合格者数日本一の進学塾、浜学園の社会科主管、教育研究室主管を歴任。その後、進学塾、希学園の社会科主管を歴任。小学生から高校生まであらゆる世代の受験指導をしてきた経験から「歴史“を”学ぶ」ではなく「歴史“で”学ぶ」をテーマに、受験対策に留まらない生きる力を養うための歴史授業を展開している。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け