病気にならない歩き方

病気にならない歩き方

著者:南和友、ハートヴィッヒ・ガウダー

価格:1400円(税抜)

四六版・並製本・236頁 2012年6月1日発行

ISBN978-4-905154-24-2

内容

1日わずか20分!免疫力を高めるパワーウォーキング!

世界一の日本人心臓外科医が教える病気に負けない身体のつくり方

『解病―病気から解放される生き方―』の著者、最新刊!


Amazonより購入
  • 第1章   わたしたちの心臓―この驚くべき臓器―
  • 第2章   循環器系の病気を知ることが健康への道
  • 第3章   病気に負けない身体づくり
  • 第4章   予防は健康に過ごす最良の方法
  • 第5章   スポーツによる健康増進
  • 終章    もしも心臓手術が必要になったら…
  • 特別寄稿 心臓手術を2度受けた患者として

食事や生活リズムを気にして適切な運動を取り入れれば、 循環器を正常に機能させることができます。
その中心である心臓の負荷も少なくすることができます。

本書では心臓移植手術を一命を取り留め、酸素ボンベなしで富士山を登頂するまで回復した

競歩金メダリストのハートヴィッヒ・ガウダー氏が考案した「パワーウォーキング」を中心に、 日本人心臓外科医として世界一の心臓手術数を手掛けた南和友氏が、 無理なく病気から解放される身体をつくる方法を述べていきます。

 

さぁ、いますぐ始められるパワーウォーキングの効果を実感しましょう!

・普通に歩くよりもエネルギーの消費が大きい
・心臓・肺などの循環器系の強化になる
・新陳代謝がよくなる
・免疫力がアップする
・ストレス解消につながる
・脳が活性化する
・血糖値やコレステロール値が下がる
・骨粗鬆症の改善になる
・肩凝りがなくなる
・便秘が解消され、消化もよくなる

●著者
南和友(みなみ・かずとも)

1946年大阪府和泉市生まれ。1976年ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセルドルフ大学病院(当時、西ドイツ)に留学し、医学博士号、外科専門医、胸部・心臓・血管外科専門医を取得後、胸部・心臓・血管外科のスタッフ(講師)に任命され、数多くの手術に当たる。1984年バードユーンハウゼン市に新設された州立の糖尿・心臓病センターに主任外科医として赴任し、年間心臓手術症例数6000例(1500例に及ぶ心臓、肺移植)の世界トップの施設に立ち上げる。2004年日本人心臓外科医として初のボッフム大学永代教授に任命。2005年日本大学医学部教授として帰国。同年中国天津国際心血管病医院名誉教授。2010年3月教授職を辞し、4月より医療法人北関東循環器病院の病院長に就任。

ハートヴィッヒ・ガウダー

1954年ヴュルテンベルク州ヴァイヒンゲン(旧西ドイツ)に生まれる。エンポア・イルメナウ企業スポーツクラブでスキーとジャンプ競技を始め、14歳のときに競歩へ転向。3回のオリンピックに出場したほか、世界陸上に3回、ヨーロッパ陸上選手権にも4回出場し、1980年モスクワ・オリンピック50キロ競歩で金メダルを獲得。1988年ソウル・オリンピックで銅メダルを獲得し、引退するが1年後に復帰。1990年、ヨーロッパ陸上選手権で銅メダル、1991年第3回世界陸上選手権大会で銅メダルを獲得。1995年に心臓病の感染病を発症し、1997年に心移植をおこない、何週間もリハビリ生活を送る。1998年ニューヨークマラソンに参加、2003年には、心臓移植者としてはじめて富士山を登頂している。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け