ありがとう―がんと私、そして家族―

ありがとう―がんと私、そして家族―

著者:柿谷寿美江・柿谷正期

価格:1200円(税抜)

B6判・上製本・124頁 2011年4月16日発行

ISBN978-4-905154-03-7

内容

まだ60歳の若さで、多型神経膠芽腫グレードWを患った妻と彼女を支える夫。妻は、「がんになったのが私でよかった」と、最後まで自らの境遇を嘆くことなく、希望を持ち続け、感謝の気持ちを忘れなかった。
2年近い闘病生活のなか、家族と過ごした濃密な時間。彼女が最後まで伝えたかった、人生を前向きに、主体的に生きることの大切さ、そして命の尊さをメッセージする。


Amazonより購入アチーブメントより購入
  • はじめに
  • 第1章 予想もしないこと
  • 第2章 その後
  • 第3章 お別れのとき
  • おわりに

人生は、時に予想もしなかった出来事が起きることがあります。

初めは動揺し、恐れ、混乱するかもしれません。

しかし、どのような状況であったとしても、自らの選択で希望を持ち続けることができます。

 

これは、私、柿谷寿美江の人生に起こった、

予想もしなかった出来事のパーソナル・ストーリーです。

読まれるすべての方にとって、

希望と感謝を持ち続ける人生の道標となれば幸いです。

 

                                          (「はじめに」より)

●著者
柿谷寿美江(かきたに・すみえ 1949-2011) 

東京生まれ。カリフォルニア州ルーズベルト高校を主席で卒業、ロサンゼルス・コミュニティ・カレッジ、イリノイ州ウィートン大学卒業、ジョージア州立大学大学院および心理学研究学院でカウンセリングを学ぶ。臨床心理士、日本カウンセリング学会認定カウンセラー、ウイリアム・グラッサー協会認定シニアインストラクター、日本選択理論心理学会認定現実療法認定カウンセラー、選択理論心理士。
http://www.kakitanisumiye.com/jp

 

主な著書
『幸せを育む素敵な人間関係』(クオリティ・コミュニティをめざす会)

 

主な訳書
『他人にも自分にも満足する生きかた』
(ジェームズ・D・マロリー著、柿谷正期との共訳、いのちのことば社)
『15人が選んだ幸せの道』
(ウィリアム・グラッサー著、柿谷正期との共訳、アチーブメント出版)

 

柿谷正期(かきたに・まさき) 

立正大学心理学部教授。選択理論、現実療法(リアリティ・セラピー)に関して、日本での第一人者。臨床心理士、精神保健福祉士、日本カウンセリング学会認定カウンセラー、日本選択理論心理学会会長、ウィリアム・グラッサー協会認定シニアインストラクター、選択理論心理士。

 

主な著書
『幸せな夫婦になるために』『体に何が起こっているの―男の子の性・女の子の性』(ともにいのちのことば社)他

 

主な訳書
『クオリティ・スクール』(ウィリアム・グラッサー著、サイマル出版会)
『グラッサー博士の選択理論』『あなたの子どもが学校生活で必ず成功する法』『ハッピーティーンエイジャー』『結婚の謎(ミステリー)』『警告!』(共にウィリアム・グラッサー著、アチーブメント出版)他


▼柿谷正期(かきたに・まさき)への講師依頼はこちらから▼

講演会講師依頼はトレーナーズへ

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け