ドラッカーの講義

ドラッカーの講義(1943-1989)
〜マネジメント・経済・未来について話そう〜

著者:P.F.ドラッカー、編者:リック・ワルツマン、宮本 喜一 訳

価格:1,500円(税抜)

四六版・上製本・262頁 2010年12月10日発売

ISBN978-4-902222-98-2

内容

世界を真っ当にするために私たちは何をするのか?

今、私たちが直面している最大の仕事は、新しい制度が
人類の自由、人類の尊厳、人類の目的に役立つ存在になっている
ということを保証する作業なのです。


Amazonより購入アチーブメントより購入
  • はじめに
  • 1940年代 「どうすれば人間としての存在は可能になるのか」
  •        「国の神話」
  • 1950年代 「継続的完全雇用を維持する問題」
  • 1960年代 「初めてのテクノロジー革命とその教訓」
  •        「大きな組織におけるマネジメント」
  • 1970年代 「環境にまつわる政治学・経済学」
  •        「今の私たちに見えているアメリカの教育の将来像」
  •        「経営とその将来像」
  •        「世界の経済と社会における構造的変化とアメリカ企業に対するその影響」
  • 1980年代 「ますます複雑さを増す大組織のマネジメント」
  •        「情報を基盤にした組織」
  •        「知識の講義T・U・V・W・X」
  • 訳者あとがき

未出版の講演・講義を再構成したドラッカー最新刊!
1940年代〜80年代の講義を収録のシリーズ第2弾!

 

大学の階段教室。その机の端にちょっと腰を落としながら、
ドラッカーの目はメガネの厚いレンズを通して学生たちを見つめ、

その学生の耳はドラッカーの一言一言に釘付けになっている。
その講義はどこまでも魅力とユーモアにあふれ、ある学生に言わせると、陽気なスタイルのおかげで、
「がらんとして殺風景な階段教室が心地よい空気に満ちあふれた快適な居間に」変身する。

 

最高の経営思想家は、教室という限られた空間のなかでどのようなことを伝えていたのでしょうか?
彼の講義を直接聞いた人々は、著作には表れないドラッカーの新たな一面に遭遇しました。

 

本シリーズでは、1940年代から永眠する直前まで、半世紀に及ぶドラッカーの講義を収録しています。
その分量が少しばかり多いため、読者の便宜を考えて二分冊にしました。ぜひ、通読してください。
通読すればきっと、70年前から一貫しながら少しずつ変化するドラッカーの主張が

はっきりと皆さんの中に浮かび上がってくるでしょう。
プライベートを例示した語り口や時代に即した考察にサプライズとさながら講義を読み進める楽しさを味わえるはずです。

 

移り変わる時代の中心でドラッカーがひたすら取り組んでいたテーマは何か? 
その思想はどのように変化し、本当は私たちに何を伝えたかったのか?

 

人類の歴史上初めて、私たちは自分自身を経営する責任を負わされています。
こんな話は誰も教えてくれません。学校も、大学も……

 

ドラッカーが本当に伝えたかったことが今、明らかになります――

 

 

【豪華推薦者陣】

ドラッカーが、半世紀前に初めて世に問いかけたそのことばは、今でも当時とまったく変わらない輝きを放っている。
その価値は、今も、あしたも、10年後も50年後もそして100年後も変わることはない。
                 『ビジョナリー・カンパニー』シリーズ著者 ジェームズ・C・コリンズ

 

ドラッカーの幅広い思想とその対象となった歴史の流れの両方を的確に凝縮している。
アメリカの最も偉大な思想家の奥深さと眼力の鋭さが読む者に迫ってくる、わくわくする書物に仕上がった。
                 『モチベーション3.0』著者 ダニエル・H・ピンク

 

本書にとり上げられた講演や講義は、今でも、実際に本人が語った当時とまったく変わらない説得力がある。
あらゆる経営者がその本棚におさめておくべき必読書。
                 『1分間マネジャー』著者 ケン・ブランチャード

 

『もしドラ』のヒットが証明したのは、ドラッカーがすぐれたエンターテイナーだったことだ。
今後は、その資質の見直しが進められるだろう。その際、彼の講義を集めたこの本は、第一級史料として位置づけられるはずだ。
                 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメントを読んだら」』著者 岩崎夏海

●著者
P. F. ドラッカー   

1909年、オーストリア、ウィーンに生まれる。 著述家、大学教授、経営コンサルタント、そして自称“社会生態学者”。
人間が人間自身を組織化する手法を探究し、生態学者が生態系を観察して分析するのと同じような姿勢で行動した。
「ビジネスウィーク」誌で“経営を発明した人物”と称えられたドラッカーは、ホワイトハウス、ゼネラル・エレクトリック、IBM、インテル、プロクター&ギャンブル、米国ガールスカウト、救世軍、赤十字、全米農業労働者組合など社会のあらゆるセクターにおける多種多彩な組織の数多くのリーダーに直接影響を与えた。 サラ・ローレンス・カレッジ、ベニントン・カレッジそしてニューヨーク大学で教えたあと、最後の30年以上はクレアモント大学院大学で教鞭をとった。
2002年、市民に与えられる最高の栄誉、自由勲章を受賞。2005年11月、96歳の誕生日を迎える直前に他界した。

 

●編者
リック・ワルツマン   

クレアモント大学院大学ドラッカー・インスティテュートのエグゼクティブ・ディレクター。 当研究所は、その大部分が、P.F.ドラッカーのアイデアや理想をさらに発展させる活動になっている。 「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」電子版に寄稿するコラムニストでもある。 マーク・アラックスとの共著The King of California: J.G.Boswelland the Making of a Secret American Empire はベストセラーとなり、 「サンフランシスコ・クロニクル」紙の2003 年最優秀書籍、「ロサンゼルス・タイムズ」紙の年間最優秀ノンフィクション書籍のそれぞれ10 冊のうちの1冊に選ばれたほか、 カリフォルニア図書賞やウィリアム・サロイヤン国際著作賞なども受賞している。 ドラッカー・インスティテュート以前には、20 年間「ウォールストリート・ジャーナル」と「ロサンゼルス・タイムズ」紙で新聞記者、編集者、コラムニストとして働いた経験がある。

 

●訳者
宮本喜一   

1948年奈良県生まれ。一橋大学社会学部、経済学部卒業。 ソニー、マイクロソフトを経て独立し、翻訳・著作に携わる。
訳書に『ジャック・ウェルチ わが経営』(日本経済新聞出版社)、『トム・ピーターズのマニフェストシリーズ』(ランダムハウス講談社)、『ビジョナリー・ピープル』『勇気ある人々』(英治出版)、『ヴァージン流』(エクスナレッジ)、『世界で最も偉大な経営者』『あなたがリーダーに生まれ変わるとき』(ダイヤモンド社)など、著書に『井深大がめざしたソニーの社会貢献』(ワック)『マツダはなぜよみがえったのか?』(日経BP)などがある。 日本ペンクラブ会員。日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)会員。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け