目からウロコ! 子どものやる気がみるみる出た。

目からウロコ! 子どものやる気がみるみる出た。

著者:浅利 美千代

価格:952円(税抜)

四六判・並製本・111ページ

対象:子どもの教育に興味のある方、教育業界に携わっている方

内容

「今からでも遅くはない! お子様の成績がグングン伸びる!」

教員・PTA等、教育業界に30年以上携わってきた著者が明かす
必ず子どもの成績が上がる教育法を余すことなく紹介します!

英語8点から89点!
数学16点から80点!
成績3から5!
「ステップアップゼミ」にはそんな例がごろごろ!

※この商品は書店では扱っておりません。アチーブメントショッピングサイト、または弊社コンサルタントよりお買い求めください。

アチーブメントより購入
  • 第1章 子ども達の逆転劇
  • 第2章 子どもたちの可能性の芽を摘んでいるのは親のあなたかもしれない!
  • 第3章 誰のために、何のために、勉強するのか?
  • 第4章 一人ひとりの可能性を引き出す仕組み
  • 第5章 両親の愛と言葉が教育の原点

著者が経営している学習塾「ステップアップゼミ」で実践されている、子どもに「誰のために、何のために勉強をするのか」を考えるきっかけを与え、生徒が夢を持って自ら学習し、成績が上がるシステムを紹介。

「子どもは必ず伸びる」という信念を持つ著者から子を持つすべての親御さんへのメッセージ。

浅利美千代(あさり みちよ)

茨城県に生まれ、茨城大学で小中高教員免許を取得。
小中学校で12年間教鞭を執り退職。長男の中学校でPTAの研修委員長を務め、300人規模の講演会「子供のこころがみえますか」を主催運営。
1991年、3人の子育てをしながら、自宅(千葉県船橋市)にて小学4年生から中学3年生までの学習塾『浅利学習教室』を開業。子どもの成績が上がるため地元で評判になり、2002年、小学生から高校生までの集団個別指導の総合塾として塾舎移転。2003年に『ステップアップゼミ』に名称変更。2007年2月新京成線二和向台駅前に第2教室を開校。現在の生徒数は100人を越える。
子どもに「誰のために、何のために勉強するのか」を考えるきっかけを与えるカウンセリングを行い、生徒が夢を持って自ら学習し、成績が上がるシステムを確立。現在、右脳と左脳を駆使した幼児・小学生教育「アップル」に力を入れている。私立共栄学園中学・高等学校校内塾に参加。
NPO法人日本選択理論心理学会会員。


▼浅利美千代(あさり・みちよ)への講師依頼はこちらから▼

講演会講師依頼はトレーナーズへ

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け