マネジメントモチベーションアップ術

マネジメントモチベーションアップ術

著者:青木 仁志

価格:1.200円(税抜)

18.8 x 13.2 x 1.8 cm ・上製本・108頁 2004年12月発売

ISBN4-902222-19-1

内容

マネージャーであるための全ての条件がここにある! 組織のエンパワーメントを高める最大のテーマ「内発的動機づけ」を引き出すマネジメント術。

Amazonより購入アチーブメントより購入
  • はじめに
  • 第1章― 人材の採用について
  • 第2章― 人材の育成について
  • 第3章― モチベーション・マネジメント
  • おわりに

アメリカのマネジメント協会では「マネジメントとは人を介して仕事を行う技術である」と定義しております。「企業は人なり」と申しますが、企業で働く人のモチベーションはその企業の業績を決定する最も重要なものと言われて参りました。
 従来のモチベーションに対する考え方は、「外的コントロール心理学」というものに則り、脳の外側からの刺激によって与えるものだとし、その通りの方法が教育やマネジメントの現場で行われてきました。

 ですが私は、セールスマネージャーとしての経験、および、20年以上教育コンサルティングの仕事に従事し、12万人以上の方々の研修を担当させていただく中で、人は内側から動機づけられ成功していくものである、と考えております。

 マネージャーのリーダーシップや、組織のエンパワーメントを作り出していく上で人を内側からやる気にさせることは、非常に重要なテーマであるということです。

 この本は、そのことを基にしたマネジメントスキルや、個々人および組織の目標をいかに達成していくかを含めた内容になっております。

青木 仁志(あおき さとし)  

北海道生まれ。国際企業Britannica(ブリタニカ)においてセールス、セールスマネージャーとして数々の賞を受賞。能力開発コンサルティング会社にて営業統括本部長、取締役を経て、 1987年人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立。1998年から2006年まで厚生労働省ビジネスキャリア制度認定講座実施機関として活動する。自ら開発し、講師を務める「戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座」は、18年間で連続482回開催。新規受講生は20,685名。その他、研修講師として、延べ23万人以上の研修を担当。 「2008年F1日本グランプリ」において、唯一の日本人ドライバーの中嶋一貴氏が所属するチームウイリアムズのスポンサーとして参画。2009年から全日本F3選手権シリーズナショナルクラスに『ACHIEVEMENT by KCMG』チームの冠スポンサーとして参戦。2010年はパナソニック以来18年ぶりに「アチーブメント全日本F3選手権」としてメインパートナーに就任。22年間培ってきた独自の研修技術を活かし、世界に羽ばたくF1ドライバーを育てるプロジェクトを推進している。
→青木仁志オフィシャルサイト http://www.aokisatoshi.com/


▼青木仁志(あおき・さとし)への講師依頼はこちらから▼

講演会講師依頼はトレーナーズへ

今後部下を持った時の育成等に非常に参考になる本であると思いました。 (町田市40代 男性)

ポジティブな考えを持ち、ポジティブを伝染させられるよう、 毎日のコミュニケーションを心がけていきたい、と強く思えました。 (沖縄県20代 女性)

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け