セールスモチベーションアップ術

セールスモチベーションアップ術

著者:青木 仁志

価格:1.200円(税抜)

19 x 13.2 x 1.6 cm・上製本・110頁 2004年12月発売

ISBN4-902222-18-3

内容

全セールスパーソン必携! “セールスという仕事で一番大切なものとは何か”を中心に、「メンタル」、「スキル」両面を兼ね備えた「実学」がここにある!

Amazonより購入アチーブメントより購入
  • はじめに
  • 第1章― セールスマンのこころ構えとは
  • 第2章― 見込み客の開拓とアプローチについて
  • 第3章― プレゼンテーション技術のこころ得
  • 第4章― クロージングの極意
  • おわりに

私はセールスを「お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」と定義しております。そこから私は、セールスを「お客様の問題を、有形無形の商品の提供を通して解決していく100パーセント善なる行為である」と捉え、永年その通りにセールス活動に従事し、営業教育の分野に奔走して参りました。

 「販売なくして事業なし」言われます。言い換えれば、企業経営の本質というのは「顧客の創造と保持」という言葉に凝縮されていると言えるでしょう。新しいお客様をいかに創り出していくか、そしてその得たお客様をいかに保持できるか。その大半を担っているのがセールスマンであると考えていいと思います。ですから、セールスという仕事は単に『物を売る』という行為だけではなく、マーケットの創造の役割までの担っているのだ、ということを忘れてはならないわけです。

 私自身、これまでの人生を振り返りますと、セールスという仕事によって育てられてきたな、と心から実感できます。もし、セールスという仕事がなかったならば、今の自分は到底あり得ません。ですから、セールスという仕事に対する感謝の念が、常に私の根底にはあるのです。

本文【はじめに】より抜粋

青木 仁志(あおき さとし)  

北海道生まれ。国際企業Britannica(ブリタニカ)においてセールス、セールスマネージャーとして数々の賞を受賞。能力開発コンサルティング会社にて営業統括本部長、取締役を経て、 1987年人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立。1998年から2006年まで厚生労働省ビジネスキャリア制度認定講座実施機関として活動する。自ら開発し、講師を務める「戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座」は、18年間で連続482回開催。新規受講生は20,685名。その他、研修講師として、延べ23万人以上の研修を担当。 「2008年F1日本グランプリ」において、唯一の日本人ドライバーの中嶋一貴氏が所属するチームウイリアムズのスポンサーとして参画。2009年から全日本F3選手権シリーズナショナルクラスに『ACHIEVEMENT by KCMG』チームの冠スポンサーとして参戦。2010年はパナソニック以来18年ぶりに「アチーブメント全日本F3選手権」としてメインパートナーに就任。22年間培ってきた独自の研修技術を活かし、世界に羽ばたくF1ドライバーを育てるプロジェクトを推進している。
→青木仁志オフィシャルサイト http://www.aokisatoshi.com/


▼青木仁志(あおき・さとし)への講師依頼はこちらから▼

講演会講師依頼はトレーナーズへ

自分の改善部分が分かり以前よりポジティブな訪問が出来るようなりました。 (網走市 30代 男性)

融資開拓専任をまかされている自分にとって、特に「4つの自信」の確立について大変参考になりました。 (愛知県40代 男性)

先生の経験からなのか大変わかりやすいと思いました。 (仙台市太白区40代 女性)

何回も読んで身につけたい。 (大阪市鶴見区30代 女性)

受講した友人から青木先生を知り本屋さんでやっとみつけました。ビジネス書を読んで感動したのはこの本が初めてです。ありがとうございます。 (豊川市50代 女性)

意識グセ、習慣グセの中にプラス思考、行動力を取り入れ、自分の望むクオリティワールドを明白にする大事さを学んだ。 (名古屋市中村区40代 男性)

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け