こうして伸ばす子どもの脳力・子どもの学力

こうして伸ばす子どもの脳力・子どもの学力

著者:木俣 佳丈

価格:1.700円(税抜)

四六判・並製本・352頁 2008年1月30日発売

ISBN978-4-902222-50-0

内容

『脳トレ』の川島隆太、『百ます計算』の陰山英男、『ロサンゼルスオリンピック柔道金メダリスト』の山下泰裕、etc...
今、話題の教育者たちが語る、子どもの可能性を引き出す最新の教育法!

Amazonより購入アチーブメントより購入
  • 序章―教育現場の再建は、もはや待ったなし
  • 第1章―脳の3段階の発達に応じた教育を実践する
    -川島隆太東北大学教授との対談-
  • 第3章―地方から学校を変える。学校はこんなに変われる
    -石田芳弘愛知県犬山市市長(当時)との対談-
  • 第3章―スポーツ・武道を通して子どもたちの可能性を伸ばしたい
    -山下泰裕東海大学教授との対談(ゲスト田中慶秋氏)-
  • 第4章―21世紀に求められるのは「敗者」をつくらない教育
    -佐々木喜一成基コミュニティグループ代表との対談-
  • 第5章―叱らない学校、落ちこぼれのいない学校がある
    -柿谷正期立正大学教授との対談-
  • 第6章―親は本来子どもにとって一番の教師である
    -青木仁志アチーブメント株式会社代表取締役社長との対談-
  • 第7章―子どもたちが伸びるためなら、すべての取り組みが許される
    -陰山英男立命館小学校副校長との対談-
  • 第8章―地域から始まっている教育文化再生

教育再生、教育再建が求められている現在。
人材こそ唯一の資源とも言える日本にとって、教育の成否は、 国家の存亡に直結する問題であり、その根幹となる重要な課題が、子ども教育です。
本書は、「より良い教育とは何なのか」をテーマに今最も注目を集めている教育者たちと、理想の教育について語り合った、最新の教育が凝縮された1冊です。

木俣 佳丈(きまた よしたけ)

参議院議員。昭和40年2月19日生まれ。平成元年3月一橋大学商学部経営学科卒業。平成6年7月ジョージワシントン大学公共政策大学院入学。職歴:平成元年4月経済団体連合会事務局スタッフ・エコノミスト。平成4年4月東三河研究センター研究員。政党歴:平成7年新進党愛知県第15総支部結成総支部長となる。平成8年衆議院議員選挙愛知県第15区で立候補(次点)。平成9年新党友愛参議院愛知県選挙区第1総支部会長。民主党愛知県参議院選挙区第1総支部会長。平成10年参議院選挙愛知県選挙区にて初当選。平成16年参議院議員選挙愛知県選挙区にて2期目当選。これまでの所属委員会:(現)文教科学委員会委員。(現)予算委員会委員。(現)少子高齢社会に関する調査会筆頭理事。外交防衛委員会理事。金融問題及び経済活性化に関する特別委員会委員。行政改革・税制などに関する特別委員会委員。厚生労働委員会委員。経済産業委員会理事。災害対策特別委員会理事。憲法調査会委員。環境委員会委員。沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長。内閣委員会筆頭理事。国際問題に関する調査会筆頭理事。行政監視委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け