『ゴールは偶然の産物ではない』
 〜FCバルセロナ流世界最強マネジメント〜

ゴールは偶然の産物ではない
〜FCバルセロナ流世界最強マネジメント〜

著者:フェラン・ソリアーノ

価格:1,600円(税抜)

四六判・上製本・272頁 2009年12月1日発売

ISBN978-4-902222-80-7

内容

「全世界におけるクラブ以上の存在」とは?
毎シーズン計上され続ける損失、増加の一途をたどり1億8600万ユーロに及んだ巨額負債… 破綻寸前だったFCバルセロナを再生し、わずか4年で世界No.1クラブへと導いた究極の経営戦略!

Amazonより購入アチーブメントより購入
  • 序章  「運」ではない
  • 第1章 それぞれのフィールド――どんなビジネスで戦っているのか?
  • 第2章 戦略方法――いかにプレーをするべきか?
  • 第3章 勝つためのチーム作り
  • 第4章 リーダーシップ――ハウス医師、フランク・ライカールト、ジョゼップ・グアルディオラ
  • 第5章 人材の採用と育成、および報酬の在り方
  • 第6章 交渉の場での理性と感情
  • 第7章 イノベーション――科学技術と芸術
  • 終章  バック・トゥ・ザ・フューチャー

2008年5月21日モスクワのルジニキ・スタジアム。
マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーのチャンピオンズリーグ決勝戦がおこなわれた。

決めれば勝利するPK(ペナルティーキック)をチェルシーのジョン・テリーが足を滑らせて外し、結果としてチェルシーは敗れる。優勝はチェルシーのすぐ手の届くところに、しかもチームを象徴する選手の足元にあった。

しかしクラブに対して誰よりも思い入れの強いテリー自身のその足が、最悪のタイミングで彼を裏切った。
こうしてチェルシーは、タイトルと約3000万ユーロを一瞬にして失ったのだった。

ジョン・テリーがあのPKを外したのはただの不運だったと言い切れるだろうか?
もしかしたら、あのミスの裏にも何らかの論理があったのではないだろうか?

規模の大小にかかわらず、あなたがビジネスで成功を収めようと思うなら、まずは物事の裏にある論理を理解することは必要である。基本や原点に立ち返り、需要と供給あるいは競合相手との関係など、現行の論理をすべて再考してみるのだ。新しい視点から現状を捉えて分析し、新製品や新しいサービスを提供したり、新解釈に基づいた新しいビジネス形態を提案したりすることができれば、事業は素晴らしい改革と前進を遂げる。

本書では、我々FCバルセロナや世界の強豪サッカークラブの経営者たちが用いている経営理論について述べる。
併せて、それらの実践方法やその成果、そして他のチームがなし得なかった我々FCバルセロナの成功の理由についても具体的に説明する。この本を読んで読者の皆さんに「ゴールは偶然の産物ではない」と確信してもらえたら本望である。

フェラン・ソリアーノ(Ferran Soriano)

1967年バルセロナ生まれ。
2003年から2008年まで、サッカースペインリーグ・FCバルセロナの最高責任者である副会長を務めた。
現在ではスペインで2番目に大きな航空会社、スパンエア社の会長を務めている。 ビジネス研究に関して学位とMBAを取得。起業家、コンサルタントとして、ヨーロッパやアメリカなど10カ国以上において、消費者産業界、電気通信業界、エンターテイメント業界で活躍した。講演活動及び、ビジネスやサッカー雑誌、新聞に数多くの記事を提供している。

書籍一覧 | 自己啓発/ビジネススキル | セールス/マーケティング | マネジメント/人材管理 | 経営/リーダーシップ

選択理論/コミュニケーション | その他 | パーソナルブランドパブリッシング(個人出版)

キャンペーン | 出版をお考えの方 | 制作フロー・価格 | 制作事例 | よくある質問 | 書店様向け